読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンチャーマンのブログ

公務員試験に合格…。 しかし僕はベンチャー企業を選んだ…。 はじめまして! ベンチャー新卒マンと申します。 『公務員になれば本当に安定なのか。』 こんな疑問を持ち、気づいたら起業するための修行としてベンチャー企業に入社していました‼︎ ベンチャー企業での奮闘の日々や、起業までの道のり、起業の方法など"自分が好きなことを仕事に"するための情報を発信していきます^ ^

20代ぶっちぎり戦略 Vol.3 『新人時代の強みと弱み』

こんばんは!

 

ベンチャーマンです!

 

 

スターバックスで当たりレシート出ました!!

どうしても誰かに伝えたかったので、この場を借りてご報告笑

 

 

 

ということで、本題へ

 

 

 

 

まずは、自分自身が置かれた立場で
『強み』と『弱み』を考えることは大切です。

 

 

そこで、僕の経験上、新人時代の強みと弱みについて簡単にまとめてみますね!

 

 

 

〜新人の弱み〜
経験、能力、実績、人脈、お金がないということ
習慣が身に付いておらず、当たり前の基準が出来上がっていない
ということです。

 

新卒採用で求められていることは、今後の『可能性』です!
もし、技術や能力を求めているようなら企業は中途採用で育成費用を抑えるでしょう。

 

ですので、失敗を恐れずに経験値を積んで、何度も挑戦することが求められているんです!
「失敗してもいいからとりあえず営業に出ろ」と何回も言われました!笑

 

 

 


〜新人の強み〜
失敗が許される、やりかたがわからない、実績がない、実績で判断されない
失うものがない、体力がある、習慣が身に付いていない
ということです。

 

当たり前のことを並べてしまったかもしれません。


入社したての知識の少ない新人に失敗するなという人はなかなかいないでしょう。

 

ここで注目して頂きたいのは、
習慣が身に付いていない。という点です。
弱みにも実は書いているんですが、これは新人時代に最も力を入れた方が良い部分かもしれません。

 

 

 


仕事が始まり数年が経つと習慣が身に付きます。


しかし、一度身に付いた習慣ってなかなか変えられないものなんです。

 

身体の何処から洗うのかっていう習慣も実は人によって固定されているんです‥

 

そんな、なかなか変えられない習慣だからこそ、
初めのうちにレベルの高い習慣を身に付けることは重要だと感じています!

 

 

 

 

 

新人時代と言われるのは長くて3年

この3年が人生を変えると思っています!