読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンチャーマンのブログ

公務員試験に合格…。 しかし僕はベンチャー企業を選んだ…。 はじめまして! ベンチャー新卒マンと申します。 『公務員になれば本当に安定なのか。』 こんな疑問を持ち、気づいたら起業するための修行としてベンチャー企業に入社していました‼︎ ベンチャー企業での奮闘の日々や、起業までの道のり、起業の方法など"自分が好きなことを仕事に"するための情報を発信していきます^ ^

20代ぶっちぎり戦略 Vol.8 『第一想起』になるとどう変わるのか

こんばんは!

ベンチャーマンです!

 

 

今日の夕食は焼肉!

やっぱり肉大好きです笑

 

ですが、誰と食べるかっていうのも大事ですよね!

同じことをやるにしても、誰と食べるのか、誰とやるのかって大事なんじゃないかな?

 

 

 

では、本題に入りますね^^

 

 

 

 

 

 

 

前回まずは『第一想起』になるべきだとお話し致しました!

 


では、実際にそうなったら、どうなるの?

 


どのように、自分や周りは変わるのでしょうか?

 
今回はそんな部分について触れていきたいと思います。

 

 


まず、一度認めてもらえ、第一想起になると周りの同期や先輩からの扱いは
まるで変わってきます!

 

 


そうなるとどうなるのか、
より、優秀な上司に付き合うようになり、一緒に仕事をしたり呑みに行ったりするでしょう。


つまり、どんどん経験することや、付き合っていく人、世の中を見る視界、仕事の幅
全てがその都度レベルアップしていきます!

 

 


耳に入ってくる情報も変わってきますし、
仕事の視点も早いうちから上司と近いものになっていくでしょう。

 

上司と共通の体験をすることで益々信頼度もアップします!


次の大きな仕事も、その信頼があるからこそ任せてもらえるかも!


チャンスがチャンスを生み出すとは、まさにこの流れ。

 


一度勝ち取ればこのサイクルがぐるぐると回っていくんです!
『第一想起』これができた人と、そうでない人の差は明らかでしょう。


どんな仕事でも自分から手を挙げる
ことは、そのようなチャンスを掴むためには必須になってきます。


ですが、現状‥‥
仕事が振られる時に誰も手を挙げないんです。

自らチャンスを潰しているんです‥‥

 


誰も手を挙げないのなら尚更チャンス!
自分にチャンスを与え易いってことですよ!
是非一番に手を挙げてみてください!

 

 


手を挙げ続けた人だけが見える世界があります。
それが、今回一番お伝えしたい部分です!


チャンスがチャンスを生み出しますよ‼︎

 

 

 

 

では〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20代ぶっちぎり戦略 Vol.7 入社後まず目指すもの、それは『第一想起』

こんばんは!

ベンチャーマンです!

 

 

最近空き時間に何をしているのかを考えた結果、

 

何かを食べている。

 

でした!

ついつい、つまみ食いをしてしまう生活そろそろやめなければ笑

 

空き時間何をしているのか振り返ることって意外とないものですよね!

気付けてよかった笑

 

 

では、本題に入りますね^^

 

 

 

 

 

 

前回もお話ししました!
「価値を生み出す人に仕事が集中する」と‥


では、まず何を目指すべきなのか?

 


それが『第一想起』

 


第一想起とは、一番初めに顔が浮かぶ存在のことです!

身近なところでいうと、
クラス一足の速いやつは?点数のいいやつは?遊びに誘うとしたら?
こんな時に頭に思い浮かぶ人です。

 

新人時代でいうと初めのうちは能力もわからない為、誰でもいいから仕事を振られるものです。


しかし、その中で「はい!やります!ありがとうございます!」
と前向きに学ぶ姿勢を誰よりも見せると、それだけで違うなって思われるんです!


そうしていくうちに仕事を誰に頼もうかなって思った時に、
あなたの顔が思い浮かぶようになっているんです!

 

しかも、この効果はその仕事をくれた上司だけにだけではないんです

 

飲みの時に
「新人入ってきたけどどうよ?」
「期待している新人がいてね、あの新人は学ぶ姿勢もすごいんだよ!」
「なら、俺の仕事も任せてみようかな」

なんて話も飛び交っています。

 


会社内だけではなく、提携先の会社にも自然と広まっていきますよ!


一つ一つの仕事が自分の知らないところで自分の価値を上げてくれているってことですね。


是非あなたも『第一想起』になる為、誰にも負けないことを
まずは姿勢で見せつけましょう!

 

では〜♪

 

 

 

 

 

 

今日の名言 No.16

おはようございます!

ベンチャーマンです!

 

それでは、今日の名言を更新しますね^ ^

 

『大人は子供の頃の純粋なパワーをなくしてしまっている。まずできないことから発想してしまう』(片山右京

 

 

子供の頃に見た大人ってキラキラしていてすごく楽しそうにしているように見えていたんですよね!

 

だから、早く大人になりたい!社会に出たい!なんてこと思ってたんです。

 

 

でも、実際社会に出てどうか‥

 


周りの大人は疲れ切った顔をして電車に揺られ、飲み会に行けば愚痴ばかり。

 

子供の時に見ていた姿とは180°違っていた。

 

子供の頃の純粋な気持ち、何にでも触れてみたいという気持ちを大切に持ち続けてほしいですね!

 

 

では〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

20代ぶっちぎり戦略 Vol.6 『スタートダッシュが今後を変える』だから、がんばろう20代

こんばんは!

ベンチャーマンです!

 

最近持病の腰痛がひどくなって落ち込んでいます。

やっぱり健康って大切だとしみじみ思います。

まだ、23歳なんですが笑

 

 

では今日も更新します!

 

 

 今日はなぜスタートダッシュの速度が重要なのかについてです!

 

 

 

まずは、僕が感じた大学生と社会人の違い。


それは、スタートからありました‥

 

大学では入学してしまえば誰もが基本的には同じ授業を受け、
単位さえ落とさなければ進級できる。

僕もテスト前は真面目にやりましたよ!!!笑

 

 

 

 

ですが、社会人となると違います!

最低ラインの単位だけ取れば良いわけではないんです‥

 


だって会社って価値を生み出すことを常に追求してますから‼︎

 


どういう事かっていうと、

大きな価値を生み出しそうな人には、より大きな仕事を任せ、
価値を生み出せない人には、それなりの仕事を任せる。

ただ、それだけなんです。

 


つまり、大学の時のように全員に同じ仕事を任せるようなことはなかなかないんです。

 

といっても、新人時代では誰が価値を生み出すかなんてわからないですよね!

なので、少しの差が見え始めた時に前を走っている新人に
より重要な仕事が任せられるようになるんです。

 

初めの少しの差が今後を大きく変える力にはたらくことが伝わったでしょうか?

 

結論;できる人にはどんどん大きな仕事が集まり、できない人には重要な仕事がそもそも回ってきません。

 

 

 

 

スタートをサボるとその差は何年後かの自分に何倍にもなって返ってきますよ‥
気付いた時には‥‥

 

 

 

 

 

 

では♪

 

 

 

 

今日の名言 No.15

おはようございます!

ベンチャーマンです!

 

今日の名言更新しますね^ ^

 

『夢を実現できるか否かは途中で諦めるかどうかにかかっています。必要なのは強い情熱』(スティーブ・ジョブズ

 

 

矢沢永吉はこう言い、
『ドアの向こうに夢があるなら、ドアがあくまで叩き続けるんだ。』

 

王貞治はこう言い、
『勝つための最善の努力は、どんな時もやめてはいけない。逃げたらだめなのです。』

 

エジソンは言った。
『成功しない人がいたとしたら、それは考えることと、努力すること、この二つをやらないからではないだろうか。』

 

 

諦めたら試合終了ってことを僕も部活時代よく知られる言葉として言われてきたが、
まさかの逆転や試合後の感動はここにあると経験してきました!

 

 

どんなことでも原点になりそうです^ ^

 

今日もがんばりましょう‼︎

 

20代ぶっちぎり戦略 Vol.5 『なにを目指すべきかを考える』

こんばんは!

ベンチャーマンです!

 

今日は仕事終わりにカフェで執筆中!

自分の好きなことやっているので全く苦にならない!

そんなことを仕事にできるって本当の成功だとおもってます!

 

 

ということで今日も始めます♪

 

今日は、

 

何を目指すべきなのか‥

 

についてです。

目標や、なりたい姿って自分の成長度にも大きく関係するらしいんです!

 

そこで、皆さんに目指してほしいところ

それは‥

 

『一位』

 

このレベルを本気で目指してほしいです。

 

表彰台に立てれば良い。

ではなく頂点に立つ一位です!

 

良く日本で一番高い山は?

「富士山」

2番目に高い山は?

「わかりません」

 

というような例も多く聞きますが、まさにその通り

一位と二位ではかなり大きな差があることを経験しました。

 

プロゴルファーの石川遼選手も子供の頃から

目標はプロゴルファーになる。

ではなく、

世界一を決めるマスターズで優勝する。

だったそうです。

 

頂点を目指すからこそ、どんな脚光を浴びても目標を見失うことなく

向上心を持ち続けられるのでしょう。

 

どうせやるなら本気で会社の同僚で一位、その会社で一位、業界で一位を目指す!

目指す領域が上であればあるほどやるべき事が見えてきますよ!

 

誰もがが知るような新人になってやりましょう!

そして、その方法を更新していきたいと思っています!

 

 

では〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の名言 No.14

おはようございます!

ベンチャーマンです!

 

今日の名言は

 

『知識を増やすほど創造できる』

(ジュリア・チャイルド)

 

知識は想像の幅を広げるというもの。

 

朝のニュースや現在の経済状況をとってもそうだと思う。

 

現在を把握するためでもあり、そこから何が必要か?

 

そんなことまで考えると新しいアイデアが生まれやすいし効率の良いものが出来上がる。

 

 

例えば料理なんかでも、食材の特徴や相性の良いもの、その料理の食べ方や食べるタイミングまで掘り下げると趣が出てくるのではないでしょうか?

 

今日も1日楽しみましょう‼︎